プロフィール

eikomaru

Author:eikomaru
82年からPCで編集の仕事を続け、そろそろ仕事以外も使おうかなとブログ始めました。
何にでも挑戦したい、蟹座のアラカンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然は厳しい

植物観察会を主催している知人(英会話教室も主催)から「伊豆沼の雁観察会」の誘いを受け参加してみました。
丁度“鳥友”と行きたいと相談していた矢先のことでした。

「くりこま高原駅」集合解散。ホテルも各自払いのとっても気楽な会です。でも説明は面白く(全然覚えていませんが、「英語ではこのように言う」とか。参加者のほとんどが英会話教室の生徒さんなので。)
さて、ホテルのバスが沼まで送ってくれてまず内沼。 
ここでは DSCF0069.jpg “オナガガモ”や  DSCF0064.jpg 白鳥がこんなに近くまで・・・

   DSCF0071.jpg やっぱり“餌付け”のせいです。なんとサンクチュアリーセンターで売っています。

そして「ねぐら入り」を見に車で30分の“蕪栗沼”へ  DSCF0091.jpg まだほとんど水面にはいませんが、

寒い中待つこと30分?。
ぼちぼち現れ始まりDSCF0119.jpg そのうち四方八方遥か彼方から沼めがけて編隊を組んで現れ、
       空を埋め尽くすかのように飛び DSCF0124.jpg その迫力はとてもとても写真には撮れません。

どうしても口をあけて見上げるので、何か入らないかと思うぐらい沢山の雁が頭の上を通過して 
DSCF0128.jpg 沼が埋め尽くされて行きます。7時過ぎまで観察してホテルへ。

明日は5時起きで「朝の飛び立ち」を見に行きます。

「飛び立ちは」伊豆沼で観察です。が、雁がいない???? 蕪栗沼は溢れていたのに????  遥か彼方に雁の列が見えますが・・・

だんだん明るくなってDSCF0132.jpg 嫌な予感が   DSCF0133.jpg 昨日の迫力はどこに・・・  

振り向くと DSCF0160.jpg 蕪栗沼方面からの飛び立ちが・・・ 来るわ、来るわ

 やはり、「もう一度見に来て」とのメッセージでしょうか???
 
それにしても、来年の年賀状は決まり!!  と思っていたのに、DSCF0203.jpg

「もう後ろは振り向かない」と決めている英子はこれではねぇ
 











スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。